浮気の実態を調査し始めると思ってもみないトラブルが…

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればいいということではありません。

浮気の実態を調査し始めると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

その時、どれだけ依頼者のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用できる探偵ということです。

信頼してもいい探偵なのかは、お話を進めるときの印象などで慎重に決めるとよいでしょう。

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼すれば損はしないと思いがちですが場合によってはそうでないこともあります。

成功報酬の条件では結果として不成功となった場合、料金支払いが不要となるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。

ですから、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って、見つけている人もいるのです。

信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、ネットなどで口コミを調べるといいでしょう。

そのようなときには、該当する探偵事務所の公式サイトに記載された口コミを見るのではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトにある口コミを確認してください。

その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、信頼できる情報なのは間違いありません。

実際、もう離婚になってもいい、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。

その場合でも、自分だけで乗り込むというのは大きい揉め事の原因になりうるので、止めておきましょう。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。

信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するのがベストだと思います。

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査中の食費が加わることもあるようです。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。

浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。

なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、ある程度自分で前もって調査してから調査会社へ依頼することです。

難しい調査ではありません。

ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。

毎日、出勤していった時間や、帰ってきた時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。

浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査の方法や時間などによって幅がありますが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。

ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、本当に浮気なのかを調査員が1人で大体の場合は行います。

浮気が確実なものとなったなら、もう一度話し合いをして調査員の数などの詳細を決めていきます。

探偵が浮気調査を行う時でも失敗することがないことはないのです。

探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗しない保証がありえます。

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を入手しようがないです。

いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だった場合、調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功として扱われてしまいます。

浮気しているのかは分からないまま、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、浮気とは分からないまま、調査期間を終えてしまい、成功報酬を請求されるのです。

浮気をしている事がSNSを通じて明るみになることもあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるので注意不足で相手が、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事が珍しい事ではありません。

時には、浮気を証明してしまうような内容をネットに公表している場合もあるのです。

ユーザー名を知っていたら調査してみて下さい。