基礎化粧品でスキンケアも大切だけど体内を整えるのも大切

普段使用する基礎的な化粧品やファンデーションなどを気に掛けることも重要ですが、体内も整えないといけないという意識もあります。

便通が悪くて困っている方って沢山いますよね。

便秘体質で一時的にでも便通がないと、おなかが重たくなるし体の不要物が排出されないのでお肌の透明感がなくなったり、吹き出物に悩まされやすくなりますよね。

なので、便通を良くするのに少しばかり実践していることがあります。

第一に晩のゴハンが終わったら「温かいヨーグルト」を食べることです。

小皿にヨーグルトを適量入れ、レンジ加熱で人肌に温めればOKです。

温かくなったヨーグルトは「乳酸菌」が活発化し、腸内環境を改善へと導いてくれるのです。

夜の時間帯に摂り入れるという事もキーポイントですよ。

次に、お風呂に入った時に腹部をくるくるマッサージします。

それで腸内を活性化させます。

起きてすぐ1杯分のお水をいっぺんに飲むのもいいそうですよ。

手強い便秘の折には、オリーブオイルを入れた納豆を食べます。

これは効果抜群です。

「納豆」を器に移しオイルを少量加えて混ぜ混ぜします。

そうしてから納豆のたれ等を投入して、後はいただくだけです。

とにかく楽にできるし、おススメですよ。

美肌を保つために気をつけていることはいくつかありますが、なかでも心掛けているのは、日ごろから疲労回復に努めることと、便秘にならないようにする、ということです。

体の怠さを持ち越さないようにするのはすごく大切で、しっかり快眠をしてスキンコンディションを整えるようにしています。

そのためには、なるべく速やかに夜ご飯やおフロを終え、早めにおやすみモードに入るようにします。

また、食に関して言えば、私的には炭酸に醸造酢をプラスした酢ドリンクがとても効果があります。

晩ごはんのときに毎日飲んでいますし、倦怠感があるような時にはスパークリングウォーターにリンゴ酢等を適量足して、一気に飲みます。

炭酸効果でシャキッとしますし、お酢の成分で疲れが和らぎます。

それと、炭酸水は便通も良くしてくれるので、習慣的に摂取するようになってからは便秘気味だった体質が改善されストレスが軽減しました。

出が悪いと、それが原因でお肌に問題もでてくるので、お通じが悪くならないように毎日注意するようにしています。

わたくしの美容の一番の困りごとは近ごろ頬の周りに増えてきたシミやそばかす、そしてくすみです。

40代になったらいっそう気になり始めました。

若かりし頃は洗顔の方法、メイク、スキンケア等あまり気を遣っていませんでした。

化粧を落とさないで眠ったりしていました。

そんな肌によくないことをしていた為、シミの黒ずみが気になって自分の顔を見たくないです。

毎回、洗顔後はローション、乳液、美容液とちゃんと塗ってます。

毎朝必ず日焼け止めクリームを塗ります。

日々のスキンケア、洗顔とクリームと美容液もちろん必ず毎日しています。

3日に一度、パックもやっています。

ちょっと前からは、からだの中のケアも大切という事も聞いたのでプランセンタも飲み始めました。

そして適当な息抜きとお風呂です。

近くの公衆浴場に行きゆったりお風呂につかり血行を促進させて、老廃物を出すことです。

自宅でも湯船に浸かって顔のマッサージをしています。

それなりの年齢なので、日々のお手入れは大切だと心底感じました。

現在は毎日続けています。

多くの女性の悩みであるシミ、そばかす、黒ずみだと思いますが、日々の肌ケアと日焼け止め乳液をぬり、数時間おきにぬり直すことが肝心なのです。

誤魔化すのではなく未然に防ぐことが大切です。